Loading...
main image
2021.01.21

緊急事態宣言がでてから数日がたちましたが

 

adams では、今のところ状況をみながらになりますが

 

より一層の予防措置を工夫しながら通常営業を

 

おこなっていく予定です。

 

お客様には感染予防のため、手指消毒や施術時のマスクの着用など

 

サロンでご協力いただくことがございますが

 

何卒ご容赦下さいますようお願いいたします。

 

ブログ画像

2021.01.17

アディクシーシリーズ

 

ペールライン  ペールオレンジ

 

#ブリーチ毛専用カラー剤_20210117_1
 
 
 

ブリーチした髪に最適な設計でキレイな発色とダメージを

 

軽減することを可能にしたラインで

 

クリアでビビットなオレンジ色をキレイに発色します。

 

クリア剤で割ることによりペールなオレンジ表現や

 

ベージュ色で割ってミルクティ色の表現など

 

幅広いニーズに対応できます。

 

透明感バツグンなクリアオレンジを目指すならこれ

2021.01.16

いわゆる白髪染めにおいて

 

デザイン性や色味にこだわれば、髪のダメージや皮膚への刺激のリスクが高まり

 

ダメージや刺激をなくそうとすると、前者の達成が難しくなる・・・・

 

出来ることなら、ローダメジ、低刺激で求める色味が選べれば・・・・

 

そんな方へ、カラーリングを楽しみながらも、ダメージや刺激を抑制できる優れものの登場です。

 

2021年より導入するカラー剤は再生皮膚モデルを※を活用して考えられた新たな薬剤で

 

これまでどおり、ヘアデザイン・色味を楽しみながらも低刺激でカラリングができるというもの

 

再生皮膚モデル* をもちいた検証で頭皮への刺激の度合いを可視化、数値化しすることで

 

刺激の度合いを測ることができるように・・・

 

※ (表皮細胞をシート状に培養した人口皮膚のことで、医薬品などの安全評価にもちいられる素材)

 

刺激緩和に優れたボタニカルオイルの配合や薬剤粘性、刺激のもととなるアルカリ剤の

 

配合バランスを絶妙に調整したカラー剤は、刺激とちデザインを両立した優れもの・・・

 

もうすぐお目見えなのでこうご期待です。

 

#低刺激なのにデザイン性高_20210116_1
2021.01.15

最近は、ハイトーンのヘアカラー施術により

 

いろいろな色味が楽しめるようになりましたが、

 

それと同時に、ハイトーンカラヘーのリスクである

 

ヘアダメージがきになるところ・・・

 

そんな方に朗報です。

 

もうすぐハイトーンカラーなどで

 

ダメージした髪に特化したケアシリーズをメニュー化予定です。

 

ブログ画像

ハイダメージした髪は骨格となるタンパク質の流出や、タンパク質につく

 

水分がなくなり、ごわつきやきしみがおこりまとまりにくい状態に・・・

 

そんな症状を改善してくれるケアメニューがもうすぐお目見え

 

ご期待ください。

2021.01.07

お急ぎ下さい。

冬の商品セールがもうすぐ終了いたします。

お買い物忘れががある方は是非この機会に・・・

ブログ画像
セール期間は、1/15までとなっております。

一覧 TOP
次ページ >>

RSS Feed

Archive