Loading...

未分類

2021.06.30

髪は年齢と共に乾燥しやすくなってきます。
 
この原因は、髪がもつタンパク質の性質は親水性部分、疎水性部分があるのですが、
 
加齢とともに疎水性部分の割合が多くなってしまいます。
 
これの割合が増えてくると水分保持できる部分が少なくなるため髪は乾燥した状態に
 
なりやすくなります。
 
タイムサージの有効成分の一つであるビタミンB6は、複数の親水基と一つの疎水基をもち、
 
髪の深くへ浸透して髪の疎水部と結合しながらもう片方の親水基が水と結合することで
 
髪の保水率を高めていきます。
 
全体の仕上がり感としては、軽い仕上がりで柔らかのある質感に仕上がりますので
 
自然なふんわり感を表現するような感じです。
 ブログ画像 
 
加齢による乾燥が気になる無方は是非お試しください。・・・

2021.06.29

今日は、未来のためのヘアケアについて・・・
 
20代、40代、60代・・・
 
それぞれの年代に移行するにつれ
 
髪質も変わってしまいます。
 
髪が細くなって感じる、ボリュームがでない、分け目が目立つ、
 
おくれ毛が増えた、ツヤがなくなった、乾燥を感じる、クセが強くなった、等々・・・
 
エイジングにより生えてくるところから髪の状態が変わってしまうこと
 
によるエイジングダメージの現象といえるかもしれません。
 
ということは・・・
 
例えば、同じヘアカラーをしてもダメージの仕方も以前とは
 
違うということになってしまいます。カラーだけでなくあらゆる外的要因により
 
耐性力が低下していると言っていいでしょう。
 
そう考えると・・・
 
ヘアカラーをして以前よりたくさんダメージさせた状態に頑張って
 
ヘアケアすると考えるより、
 
スキャルプケアをしっかりおこない、できるだけ以前の状態に近づけてあげることで
 
様々な外的要因に対して髪の耐性力を上げるほうが
 
よりヘアケアできていると言えるかもしれませんね。
 
これからは、スキャルプケアとヘアケアのバランスの良い併用が必要かもしれませんね。

 ブログ画像  Aujua スキャルプケアシリーズ
 
ちなみにアダムスでは、頭皮の状態や未来を見越したスキャルプケアラインを多数用意しています。

2021.06.27

 

今日はクセ毛の悩みを改善するホームケアアイテムをご紹介します。

クセ毛の悩みとして

水分を含んでいると収まっているのに乾かすと広がってまとまらない。

ごわつき感がありツヤがない。

ブローに時間がかかる。

せっかくブローしてキレイにしてもすぐに湿気でもとのクセの状態になってしまう。

といった感じは皆が感じているところ・・・

クセの度合やダメージ度合にもよりますが、

クセ髪は、もともとの形状がところどころ扁平している場合が多く

それがうねりの元となりまとまりにくさの要因になっています。

もう少し細かくいうと、毛髪内部のタンパク質密度や性質に偏りがあり

そこに存在する水分量の偏りがクセの形状を強調しているのです。

根本的な改善は、縮毛矯正などの施術が必要になるのですが・・・

矯正まではチョットとという方も少なくありません。

こういう方は、キレイにするためのお手入れは頑張るけど、

出来るだけラクに仕上げたい。とか、ブローした形が長持ちしてほしい。

というところが求めるところ。

 

そこでご紹介したいのが オージュア “アクアビィア”

オージュアシリーズのクセ毛対応ラインです。

ブログ画像 

[上記したようなクセ毛の構造に対して]

毛髪内部の水分量を均一化することで形状を整えやすい状態にし

外気の影響を受けにくくします。

さらに含水量を増やすことで潤い感を向上させます。

また、浸透性のよいオイル成分が独特のごわつきを軽減しお手入れの

しやすいしなやかな状態へと導きます。

これらの効果により、お手入れがしやすく持続性の高いスタイリングが

可能になるのがアクアビィアのメリットです。

クセ髪でお悩みの方、一度アクアビィアをお試し頂ければ…

2021.06.26

オススメスタイリング剤

 

ジェミールフラン「スフレ」ブログ画像 

 

重くなく、固まらず、それでいてスタイリングがきまる。

 

固まらないのに毛束の動きを止める優れものです。

 

動きの表現やセミウェットな質感表現が得意なスタイリング剤で

 

しかも、ハンドクリームとしても使えるので使用後も手に馴染ませれば

 

okです。

 

 ブログ画像

こんなスタイルにいかが?

2021.06.25

皆さん、髪の熱老化って知っていますか?
 
加齢とともに体は抗酸化力を失い、活性酸素による酸化で細胞が衰えてしまいます。
 
肌、そして髪もその影響を受けカルボニル化[酸化によりおこるタンパク変性]し乾燥に
 
よるパサつきや毛痩せなど、様々な症状として現れてきます。
 
最新の研究ではこれと同じようなことが、毎日のドライヤーによる熱という外的要因に
 
よって起こりカルボニル化が進行することが解ってきました。
 
かといってドライヤーをしないわけにもいかず・・・
ドライヤーをかけない場合の弊害[カラーの色もち・毛髪成分の流失・細菌の繁殖・朝のスタイリング・他]
 
であれば、髪を乾かしながらも熱老化を抑制してくれるものがあれば・・・
 
そこで aujua リーブイントリートメント

 ブログ画像

aujua リーブイントリートメントの全アイテムは、ドライヤーやアイロンなど、熱に
 
より起こるカルボニル化を効果的に抑制できる成分を配合。
 
各ライン別の髪の悩みの改善と合わせ、熱老化からも髪を守ってくれる優れものです。
 
お風呂上がりのヘアケアは、現状のスタイルのお悩みと熱老化からの保護ができる
 
リーブイントリートメントがオススメです。

次ページ >>
Archive